天心流 狩衣演武 in 有鹿神社

2018年9月9日(日)、有鹿神社 月次祭・晩夏祭(正式名称 タコ禰宜好き放題祭)にて天心流の演武を奉納させていただきました。

禰宜様のリクエストにより、巫女装束、狩衣、そしてパンダヘッドも用いたバラエティー豊かな、ユニークな演武を奉納させていただくこととなりました。
普段の奉納演武では決して見ることの出来ない、特殊な奉納演武です。
パンダ宮司で知られております有鹿神社ですが、地域の人々、そしてまた遠方の方々にもその存在を示し、親しまれることで、その伝統を守っていくというスタンスが、まさしく天心流のスタンスと合致しており、この度のコラボとなりました。


https://www.youtube.com/watch?v=pwYTATc5AEY

これは狩衣(かりぎぬ)での演武です。
狩衣はもともとは貴族が狩りの際に着用したカジュアルな装束であり、平安時代以降、貴族の普段着として用いられました。
江戸時代、武家では直垂に継ぐ四位の礼服となりました。
現代では神社において神職に用いられております。

●有鹿神社公式サイト
https://www.arukajinja.jp

●有鹿神社Twitterアカウント
https://twitter.com/arukajinja

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る