2018年 上野公園彰義隊墓前奉納演武

昨年に続きまして、本年も彰義隊墓前奉納演武を執り行います。
第三回となります奉納演武です。

【日にち】11月3日(土)文化の日
【時刻】13:00~15:00
【場所】上野公園内 彰義隊の墓前

※ご観覧は自由ですが、観覧席などは特に用意は御座いません
※演武中は安全のため、墓所内への立ち入り出来ません
※小雨決行

彰義隊には、天心流兵法を学んでいた士林団の子孫(天心流を修めていた)が参加し、上野戦争で命を散らしたそうです。
先代石井先生の生家には、彰義隊の生き残りの方が集い、悔し涙の茶碗酒を煽っていたそうです。

失われた伝書の表紙には、『無役なりしくやしさを残党の仲間で酌み交う茶碗酒け』(残党=賊軍)と書き残されていました。

これは八代将軍の時代に士林団としての役目を失い、御目見の許されぬ御家人となり、さらに明治維新でついには賊軍の残党にまで成り下がってしまったという悵恨の詩です。

昔は彰義隊の墓は、西郷隆盛像の裏で草生(む)して省みられぬものだったそうで、先代は『いつか墓前に天心流の演武を奉納してくれたら嬉しい』と仰っていたとの事。

●先代の言葉を思い出しながら墓前をお参りする天心先生

御観覧は大歓迎ですが、彰義隊墓前奉納演武は、あくまでも墓所の一角をお借りして奉納させていただくもので、御観覧や広報を目的としていないため、お席などの用意は御座いません。
しかしこれまで二回の開催時には、天心流の演武をご覧に来られた方、また公園を訪れられた方々、多数の方々にご観覧頂いております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る