コロナ第三波における稽古について

1都3県「緊急事態行動」8日から要請へ最終調整 外出自粛や時短
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210104/k10012796201000.html

ご存知の通り、一都三県による緊急事態宣言要請が政府に出されました。
またそれとは別に、地方自治体としての「緊急事態行動」(住民に対して午後8時以降の不要不急の外出自粛や、酒を提供する飲食店に対して午後8時までの営業時間の短縮を要求する)を発出する方向で調整が進められています。

まず今後、緊急事態宣言が発出された場合は、おそらく再び公共施設の利用が困難となるため、稽古が行えなくなる可能性があります。
また実際に8日より緊急事態行動が発出された場合には、各稽古場の稽古を自粛することも現時点で考えています。

その際には、以前行っておりましたオンライン配信での稽古を再開致します。
流儀の存続を考えると、可能な限り稽古場での稽古を継続する必要があります。
しかし、流儀としての社会的責務、そして門人の健康に対するリクスマネジメントという面からも柔軟な対応が必要な状況となります。
急な決定となるかもしれませんが、何卒ご理解ご協力をお願い致します。

決定次第、各SNSやブログ、公式サイトなどを通じてお知らせ致します。

関連記事

ページ上部へ戻る