古流武術、天心流兵法の公式サイトです。

世田谷支部 > 齋藤影龍 ご挨拶

ご挨拶 ー 天心流兵法 齋藤影龍 ー


天心流兵法 士林の会会長
NPO法人天心流兵法 理事
天心流兵法 世田谷支部長


 天心流兵法門人会 士林の会 会長ならびに世田谷支部長を兼任させていただいております齋藤影龍です。

 ようやく出会えた…天心流兵法とは私にとってそれだけ大きな存在であり、幼少より思い抱いてきた剣の道として正に理想の形でありました。

 幼き頃より刀剣や武具、歴史に興味があり、自身も剣道という形で武道に触れ修練し『守・破・離』の部旗の元、学生時代は剣の道一色でした。

 十代後半でアクシデントにより膝を壊してしまい、長きに渡り武道から遠ざかっておりましたが、剣の道への憧憬は薄れる事はありませんでした。

 やがて人生の岐路に立ち、今一度己の可能性と本来の武術の世界を感じたいと一念発起した時に出会ったのが、天心流兵法でした。
 それから九世の中村師家、そして十世の鍬海師家の指導の元、日々鍛錬を怠らず自身の向上に努めてまいりましたが、古流本来の口伝による指導の重要性を理解しつつも、懇切丁寧な基礎からの稽古と体幹を整える鍛錬の必要性を感じ、無謀にも入門から一年を待たずに鍬海師家にご相談させていただき、快諾を賜り世田谷支部を発足致しました。
 世田谷支部では天心流兵法の和気藹々とした良きところは残しつつ、ストイックな稽古を重視しております。
 老婆心ながら世田谷支部が流儀の伝承の手助けにもなればと考えております。

 また狩野前会長よりご指名を賜り、若輩ながら士林の会 会長に就任いたしました。
 至らぬ点は多々ございますが、稽古はもとより、あらゆる方面から門人をサポート出来るよう心掛けてゆく所存でございます。

 私のように古傷のハンデを抱えた身体でも、修業と修得が可能であることを身をもって示したいと願っております。
 またこれをご覧になられた方々といつの日か出会い、兵法に触れて共に稽古されることを心より願っております。
 修業を通じて皆様の人生がより豊かなものになるに違いないと確信しております。

天心流兵法 齋藤影龍