天心流兵法とは

天心流兵法の由来

天心流兵法(てんしんりゅうひょうほう)は寛永年間、時沢弥兵衛(※1)師によって創出された古流武術です。
流祖は徳川将軍家の剣術指南役 柳生宗矩公に新陰流を学びました。
そして宗矩公の傍に仕えて、影として護衛やさまざまな役務に携わり、朝鮮通信使の護送でも重要な働きを果たしたと伝えられております。
役目を許されて後、宗矩公の意向を受け宗矩公が編み出した二百数十の技法を整理し独自の兵法を編み出して、これを天心流と名付けました。
これは単なる武芸の剣技としてではなく、徳川の世を影で支えるため、士林(武士の繋がり)にて用いられる上士(城士)の剣であり、異(い)なる流儀として誕生しました。

第二世 国富忠左衛門師は福本藩(※2)松平家に仕え、中国地方一帯に広めました。  後には播磨国三日月藩(※3)の藩校・廣業館でも指導が行われ、三日月藩天心流門下は幕末には江戸詰めの柳生藩士と連携して活動していたと伝えられております。(※4)

※1 時沢弥平、時澤彌平とも
※2 現在の兵庫県神崎郡神河町福本
※3 現在の兵庫県佐用郡佐用町三日月。別名・乃井野藩
※4 目黒の柳生藩下屋敷と三日月藩屋敷は距離にして数百メートルしか離れておらず、互いに行き来し、連絡を密にして連携を図っていたと伝承される

天心流兵法の歴史

柳生宗矩公木造

伝書には遠祖として柳生家新陰流の祖 柳生石舟斎師、そして大和柳生藩の祖 柳生宗矩公、そのご子息で、大和国柳生藩第三代藩主 柳生宗冬公(伝書

では心計斎)の名が併記されておりました。
(何故か柳生十兵衛師のお名前はありません。)

また天心流は新陰流分流ですが、技法の主軸は宗矩公が工夫によるとされ、実質的な流祖は宗矩公であると言い伝えられております。
当流伝書中では、宗矩公に関する事績を述べる際には「若」という表現が書かれており、恐らく宗矩公に長く仕えた時沢師よりの伝書の写しとして、その表現が守られたものと思われます。
流祖時沢師は眼光鋭い小柄な御仁であった…と伝えられております。
第二世 国富忠左衛門師以降、国富家にて代々同じ名前にて天心流を継ぎます(※1)。
その後も国富家にて天心流は継承され、幕末を迎えます。
五世(実質は七世、または八世)の国富五郎衛門師は、幕末の動乱期、徳川の世を憂いて柳営護持の影の剣を後世に遺すため、石井家に流儀を託し、天心流は関東にて香具師の世界で伝えられる事となりまず。

柳生宗冬公肖像

幕末から昭和と数多の古流武術が失伝する中、石井家は三代に亘って天心流を伝えました。
応用として仕込杖の技法を外伝として加えますが、他総ての技法は江戸時代の伝書の記述をそのままに相伝を重ねます。

太平洋戦争後、第八世に当たる石井先師(※2)は既に齢八十となっておりましたが、若き日の中村青年が入門。
わずか数名居た門人の中、その厳しい指導と要求に応えた中村青年にすべての兵法を伝えました。
中村天心先生は石井先師の言葉に従い、自宅にて兵法塾を開き指導を開始すると共に、さらなる修業として日本各地を大道芸をしつつ巡り、各地の武術継承者と交流しました。
しかし早くに奥様を亡くされ、子育てと仕事の為、以降は限られた時間で縁故者のみへの指導となり、体系だった伝授は長く中断する事となります。
定年退職後、公共施設を使用して門戸を開放、広く門人を募り系統に従った相伝の指導を再開。
その後、中村師家は高弟の鍬海政雲に流儀を相伝印可を授けます。
現在は関東にて次代の伝承者を育成すると共に、失伝を防ぐ事の出来る強固な基盤を有する流儀として天心流を再興すべく活動しております。

※1 石井先師曰く「三代から四代だろう」との事
※2 実際は十世ないしは十一世と推測されるが、石井先師は「代々」を抜いた第八世を名乗っていた。以降もこれを踏襲し、中村天心師家は第九世、鍬海政雲師家は第十世としている

天心流兵法の特徴

天心流兵法は剣術、抜刀術、槍術、十文字槍術、薙刀術、鎖鎌術、柔術を含む兵法です。(※1)
武家の生活様式の中で使える武藝でなければならないため、往時より稽古に於いても常に小刀を帯び、立っては大小を帯びる二本指しを常態とする稀な流儀です。  また初学として殿中刀法鞘の中と称する、置刀より鞘の中に争いを治る心得と勢法を教えております。
「寝て、起きて、坐して、立って、歩み、走る」、人(士)の身の兵法心得と豊富な技法を現代に遺す稀有な流儀です。
打刀のみならず、胡坐から佩刀した太刀を抜刀する勢法も存在します。

※1 長物(槍術、十文字槍術、薙刀術)は宝蔵院分流陰派槍術

外物・併伝

天心流兵法では、殿中刀法鞘ノ中、坐法・立合の大刀・小太刀の抜刀術、また剣術を中心として、それ以外を外物と位置づけております。
外物・併伝の柔術・鎖鎌術・素槍術・十文字槍術・薙刀術などについては、修業の段階と修業者の希望に応じて教伝されます。
総合的な修業がなくては修得が不可能なため、外物など特定の技法のみを目的とした入門は受け入れておりません。

 

ページ上部へ戻る